top of page

金継ぎアートスタジオ
ストレーツ・タイムズ紙の特集

2023年2月11日

シンガポール – シンガポールでは芸術や工芸のワークショップの需要が高まっており、Eventbrite.sgなどの予約プラットフォームには、家族で楽しむアートジャミングから子供向けの石鹸作りワークショップまで、300以上のクラスが掲載されている。

何か違うものを求める人のために、独立したクラフトスタジオによるバレンタインデーのための有意義なセッションも用意されています。

アッパー・イースト・コーストにある金継ぎアート・スタジオは、金継ぎのインストラクター、ニロファー・アイヤー氏の自宅スタジオで、カップルは陶器の修復という日本古来の芸術に取り組むだけでなく、持ち帰ることができるシャンパンのボトルと新鮮な花も楽しむことができる。

ヘルスケアカウンセラーのジェシカ・ウォンさん(40歳)は最近、親友のマーガレット・ドゥアンパニャさん(32歳)の誕生日プレゼントとして、アイヤーさんのスタジオで開かれるワークショップに申し込んだ。彼女は、金粉と接着剤を使って陶器のボウルの割れた部分を修復する方法を学ぶ2時間のセッションに170ドルを支払った。2人の友人は「芸術を通して癒される」よう、また陶器のボウルのひび割れを時間をかけて修復するよう励まされた。

「金継ぎを通して、私たちは二人とも、失敗や心の奥底を『壊す』かもしれない試練も含む変化を受け入れることを学びました」とウォンさんは言う。「人生における困難な変化の過程を通して、私たちは修復し、成長することができます。競争ではありません。壊れることも美しいのです。」

IMG-1814 (1).jpg
IMG-1812.jpg
IMG-2409.jpg
IMG-2408.jpg

金継ぎアートスタジオ

bottom of page